豊胸施術で魅力溢れるバストを手に入れよう

ウーマン

コンプレックスがある方に

バスト

さまざまな方法

豊胸は人気となっているようです。豊胸とは、胸を大きくしたり形を良くするなどの美容整形のことをいいます。胸が小さいことがコンプレックスという女性は、多いようです。また、加齢による下垂に悩んでいるとい方も少なくないのではないでしょうか。このようなコンプレックスを持っていると、水着姿に自信が持てなかったり、温泉に行くのが億劫になってしまうという方もいらっしゃいます。バストアップに効果があるといわれているクリームやジェル、サプリメントも多数発売されています。しかし、バストアップ効果を謳った商品を使用しても効果が得られなかったという方も少なくないかと思います。そんな方には、豊胸がおすすめです。豊胸の方法は、複数あります。シリコンバッグや生理食塩水を入れる手術は、聞いたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。これらは、脇の下などを切開してシリコンや塩水が入ったバッグを胸に入れ大きく見せるというものです。また、自分の脂肪をウエストやヒップから取り、胸に入れる方法もあります。整形なら確実にバストアップできるため、人気となっているようです。

ヒアルロン酸も

最近では、ヒアルロン酸注入という方法もあります。注射するだけで済むので、手軽です。切開などの手術に抵抗があるという方にも、おすすめの方法です。また、ヒアルロン酸注入なら、整形の跡も残りにくいといえます。切開などの跡が残るのが嫌だという方にも支持されています。さらに注射するだけで済み、日帰りも可能なので入院する暇がないという方にもおすすめです。切開手術を受ける場合は、局所麻酔や全身麻酔などで痛みはほとんど感じないといわれています。しかし、麻酔が切れたら多少の痛みが出るようです。豊胸の費用は、高額な場合が多いです。しかし、それでもコンプレックスを解消したいという方はたくさんいらっしゃいます。豊胸などの整形は、綺麗になりたい女性に大変人気となっています。施術方法も進化していっているようです。ご自分に合った方法を、カウンセリングなどで相談することをおすすめします。また、質問などは施術前に済ませておきましょう。遠慮して聞かずにいると、トラブルの原因になってしまうこともあるのです。

胸

美しいバストを手に入れる

日本女性の美容の悩みの中でもバストの大きさに関するものは多いようです。バストアップを図るために様々な方法がありますが、ほとんどが一時しのぎか成果が得られないことが多く、そのためより悩みが深刻になりがちです。そこで確実な美容整形の豊胸術が注目されています。豊胸術は複数あり自分に合った方法が選択できるのです。

ブレスト

バッグとシリコンジェル

シリコンバッグ挿入法では、バストを小さく切開するだけで、バッグやシリコンジェルを入れてバストを膨らませることができます。安全で豊胸効果が高いため、美容整形の中でも特に注目されています。ただしカプセル拘縮を防ぐため、施術後はマッサージをする必要があります。また、凹凸のあるバッグを使うことも効果的です。

注射器

本物のバストのように

昨今では、お腹などから採取した脂肪をバストに注入するという整形手術がおこなわれています。高い豊胸効果が出る上に、本物のバストのような仕上がりになるため、注目されています。ただし採取した脂肪には不純物も混ざっているので、より美しい仕上がりにするためには、それを除去した上で注入する必要があります。

胸部測定

バッグプロテーゼの特徴

豊胸手術の定番がバッグプロテーゼ挿入法です。シリコンなどのプロテーゼをバストに入れる美容整形で、Aカップ→Eカップなど4カップ近いバストアップも可能です。最近のプロテーゼは触感が自然で耐久性もあります。

横になる女性

自然に仕上がる脂肪注入法

自然なバストになれて安全性が高い美容整形が脂肪注入法です。自分の体から無駄な脂肪を取ってバストに入れるので、豊胸と部分痩せが一緒に出来ます。生着率を高めるには、不純物を取り除くピュアグラフトなどの脂肪注入法がお勧めです。